2016年01月14日

1人で働くメリットは、デメリットを上回るか

最初に答えを見つけるべき大きな問題は、「自分で自分の上司になること」のメリットが、はたしてデメリットを上回るかどうかです。

メリット:これはかなり明白。
だからこそ、これほど多くの人が今の仕事を投げ打つことを夢見ているのです。
あなたが起業したいと考える理由にも、単なる金銭的理由のほかに、以下の動機のいくつかが含まれているのではないでしょうか。
好きなこと(とまではいかなくても、興味のあること)で生計を立てられます
いつ、どこで、誰と働くかなど、仕事のあらゆる要素を自分でコントロールできます
クライアントを自分で選べるし、どのプロジェクトを手がけ、何に特化するかも自分で決められます
ワークライフバランスを改善できる可能性があるし、望めば家族と一緒に働くこともできます(それはそれで別の問題が発生しますが)
社内政治や書類作成に煩わされずに済み、そのぶん仕事の効率も成果も上がるかもしれません
雇用されて働くよりも稼げる可能性があります。ほかの人のぶんまで稼いでいたのが、自分の懐に入るわけですから
仕事を失うリスクを減らせます。意外に思われるでしょうか? 
でも、事業主は普通、複数のクライアントを抱えているので、1社を失っても打撃はあまり大きくありません。これに対し、サラリーマンにとっての「クライアント」は、自分の勤め先の1社しかないのです

「完全に自分のもの」を構築できるので、達成感が得られ、人生の目標が生まれます。
デメリット:そうは言っても、コインには裏表があるもの。
下に挙げるデメリットは、あなたにとって問題になるでしょうか?
不安定な収入でやりくりしなくてはいけないし、キャッシュフローの問題が起きるかもしれません(「饗宴か飢餓か(feast or famine)」という言い回しがありますが、まさにその状態になる可能性があります)

お金の問題全般が複雑になります(面倒な納税手続きも必要です!)。
ローンや融資を受けようとしても、銀行があなたを見る目はこれまでとは違います。
より高い基準を満たす必要が出てくるでしょう
毎日、自分で「やる気スイッチ」を入れなくてはいけません
何もかも自分でやらなくてはいけません(ムリなら、サポート役を雇うことになります)。「何もかも」というのは、会計管理、製品やサービスの営業、書類作成、弁護士との対応、クライアントの未払金の回収、などを含みます

サラリーマン時代と同等の福利厚生を望むならば、自腹を切る必要があります。
健康保険などは非常に高額になる可能性があるし、休暇を取ることも収入減に直結します(事業主は休暇を取ろうとしたときに、「時は金なり」の本当の意味を知ることになります)
過労で燃え尽きる可能性が高くなります

在宅ワーカーにありがちな悩みは、起業家にとっても他人事ではありません。
疎外感、閉塞感、孤独感に直面することになります

上記のどの問題も、雇用されて働いている場合より大きなストレスになり得ます
幸い、これらのデメリットはかなり減らせますし、完全に克服できる場合もあります。

例えば、収入が一定でないならそれ相応の予算の立て方があります。

自分に合う、手の届く範囲の健康保険を探し、休暇などで失ってもいい額をあらかじめ計算に入れておきましょう。
posted by 吉富 at 23:26| Comment(0) | 起業 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。